ようこそディアログスへ

心理学の観点から企業を守る
私たちはカンパニーカウンセラーです

個々の相談者のケアをする局所的な福利厚生サービスにとどまらず、社内人事担当者(≒管理者) の聴く力(傾聴力)と対話力の育成、対話による人間関係の改善風土醸成、そして更なる組織開発の対話へと発展する。心理学が寄与する様々な経営場面において心理職有資格者として企業を支える、それが私たちカンパニーカウンセラー(企業顧問心理師)です。

OUR SERVICE

カウンセリング業務

カウンセリング業務

企業のメンタルヘルス対策については再三にわたって労働安全衛生法が改正され、2015年からは企業のストレスチェックが義務化される等近年ますますその重要性がクローズアップされています。
ディアログスでは心の専門家である公認心理師、臨床心理士等によるカウンセリングサービスを職場に居ながらにして受けることができます。また、各種心理検査法を行い個々人に合わせたアドバイスをすることもあります。
顧問契約としての継続的な信頼関係を基礎にスタッフ、管理職、経営者等企業のすべての階層の方々のメンタルヘルスを守ることができるのが最大の特徴です。

ストレスチェック等による職場内の状況分析と職場環境改善業務(一部別途有料業務)

ストレスチェック等による職場内の状況分析と職場環境改善業務

ストレスチェックの実施、集計・分析、結果報告まで一貫して行います。さらには高ストレス者の補足的面談(医師面談勧奨を含む。)、面談希望者または会社が指定する者との面談を行います。
また、ストレスチェックの結果と現場スタッフとの面談・ヒアリングによって浮かび上がった課題に対して職場環境改善計画を策定指導し、職場環境改善項目の実施までを支援します。この業務では「心の健康づくり計画助成金」「ストレスチェック助成金」「職場環境改善計画助成金」等の労働保険関係助成金を活用できる場合があります(令和4年度現在)。助成金活用の詳細は弊社カウンセラーまでご相談ください。
ストレスチェック、集団分析、職場環境改善計画策定実施指導など一部は別途有料業務ですが顧問先企業様は特別割引プランがあります。

対人関係調整業務(傾聴・対話技法指導含む)

対人関係調整業務(傾聴・対話技法指導含む)

対人関係の摩擦は、ストレスフルな職場環境を醸成し、業務効率の低下、退職による人材流出など「ヒト」「組織」双方にダメージを与えてしまいます。
価値観や利害関係上の立場の違いによって発生する、「物事の見え方(捉え方)」や「意見(考え方)の相違」は組織に多様性をもたらす半面、取扱いを間違えると人間関係を壊す原因ともなり得ます。
ディアログスでは傾聴・対話技法を修練した弊社カウンセラーが、個々の意見をまずは対等にしっかりと受け止めた後、立場や意見をそれぞれ尊重した望ましい未来(問題解決)を共有するための「対話(ダイアローグ「Dialogue」)」を実践します。
また、現場組織のリーダーとなる方にその技法を実践指導し、自ら考え課題解決行動ができるよう組織開発をしていきます。

休職者復帰支援業務

休職者復帰支援業務

メンタル不調により休職となった(休職となりそうな前兆がある)方に対して各段階に応じて適切な休職者復帰支援を行います。

(前兆期)
欠勤増加、不安感、無力感、ミス多発など前兆期に顕在する小さな端緒を早期に掴みカウンセリング等を通じて対処します。また、医療機関受診推奨をすべきケースには丁寧な説明をしつつ医療につなげます。
(急性期~回復期)
メンタルダウン後は通・入院による薬物治療が基本になりますが、医療離脱・孤立化(ひきこもり)・生活崩壊・アルコール(薬物)依存等を回避し治療を進められるよう支援します。来るべき復帰判定に必要な情報連携も行います。
(回復定着期)
再発に陥らない様ことを第一優先として、本人はもちろんのこと受入れ側の同僚・上司のケアも並行して行い、復帰定着を支援します。

休職者復帰支援業務は顧問を頂いている企業様がセット頂けるオプション業務です。

スタッフ紹介

代表カウンセラー 岡田由佳

代表カウンセラー

岡田由佳 
(公認心理師 登録番号 第17251号)

株式会社アレルギーヘルスケア代表取締役(2002年6月~現在)
株式会社関西スーパーマーケット【証券コード9919】独立社外取締役
株式会社関西スーパーマーケット顧問 (組織開発・女性活躍推進)
カンパニーカウンセラー(公認心理師)、スクールカウンセラー(公認心理師)
新規事業アドバイザー(アントレプレナー)
組織開発アドバイザー・ファシリテーター
ダイアローグファシリテーター

心理学 x 経営

京都橘大学健康科学部 心理学科卒業後、奈良県女性センター・奈良県中央子ども家庭相談センター(兼務) 勤務を経てスクールカウンセラーとして教育現場におけるカウンセリングに携わっています。(個人のカウンセリングは年間のべ250人を超えます。)

また、2002年より私自身が新規創業し、現在も運営に携わる事業法人で長年にわたり個人・法人への多岐にわたる顧客サポートおよびクレーム対応業務に心理学と対話技法を取り入れ、「従業員」「経営者」「顧客」等企業に関わる全ての「ヒト」の人間関係を良好にマネジメントするリスクマネジメント心理学を実践してまいりました。

これらの心理臨床専門家と事業経営者(組織運営者)の経験を活かし、外部の企業の社外取締役やカンパニーカウンセラー(企業顧問心理師)として活動するとともに、スクールカウンセラーとしても学校管理職や現場教員の対話力の育成と危機対応能力向上のための支援に力を入れています。